看護師として働くメリット

看護師は、国家資格であり一生続けられる仕事として代表的なものです。

病院での勤務が代表的ですが、介護施設、検診センターなどでの勤務もあります。

病院は全国にあるということで、日本国内であればどの地域でも病院という施設があれば看護師として働くことができるというわけですね。


たとえば、だんな様が転勤で引っ越しをしたとしても、その転勤先の病院で看護師として働くことができます。

また、子育てなどで一時仕事を休んでいたとしても、復帰できるというのは女性にとって何よりうれしいのではないでしょうか?

看護師の交流サイトhttp://www.kango-roo.com/などを見ても、多くの看護師は一時休業しても再び復職できているようです。

子育てしながら働けるように、託児所完備の病院などもあり、ママ看護師にとっては非常に働きやすい職場といえます。

一般企業でも育児休暇はありますが、期間が限られているため、何年も育児休暇をとることは、ほとんどの会社では無理だと思います。

子育てが終わり、子どもに手がかからなくなった時にあらためて働きたいと思っても、一般企業に就職するということは、難しくなってくると思われます。

看護師としての資格を持っていれば、ブランクがあったとしても働けるという強みがあります。